ブログ「夢と希望と勇気のラビリンス」

(随筆やポエム、漫画やイラスト、他、お勧め書籍やコミック、レコード等の商品紹介等を掲載してます。。

うちの、ラン(猫)と、勝負(あっち向いてホイ!)しましょ。(笑)

それ、あっち向いて・・・ ・・・。 ・・。 ホイッ!! 「どう?勝ったの?負けたの?」 如何でしたでしょうか? 😅👨😊それでは、また。🙋失礼致します。👮👨😊

とっておきの4コマ漫画

如何でしょうか?(笑)もし、つまらなかったらすみません。(汗)

男性が30過ぎてまだ童貞なら、魔法使いになる?

男性が30過ぎてまだ童貞だと魔法使いになれるって?なら、いっそ、単なる魔法使いでなく、天才的な優秀な大魔導士ぐらい頑張って目指せば良いかと。その後、魔法戦士でも勇者でも何でも目指せば良い。向上心さ。三十路とかでもまだまだ若いと思いますから。 …

前田亜季「元気のシャワー」(シングルCD)

元気のシャワーアーティスト: 前田亜季,植野慶子,清岡千穂,松本隆,坂田和子,大平太一,佐藤準出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2000/07/05メディア: CD購入: 1人 クリック: 35回この商品を含むブログ (2件) を見る昔のシングルですが、前田亜季さんの…

コミックセット「鉄板少女アカネ」(全3巻)

[まとめ買い] 鉄板少女アカネ!!作者: 青木健生メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る「鉄板少女アカネ!!」。 先にテレビドラマを観てから、原作コミックスを読みました。原作とドラマは、ストーリーとか内容的に大分、違っています。頑張る女、出…

邦画「書道ガールズ」

「書道ガールズ!!私たちの甲子園」 [DVD]出版社/メーカー: バップ発売日: 2010/09/17メディア: DVD購入: 1人 クリック: 22回この商品を含むブログ (23件) を見る邦画「書道ガールズ!!」を観た。 情熱が伝わって来るような作品だった。最高に面白くて楽しく、…

池上彰著「おとなの教養」

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書)作者: 池上彰出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2014/06/20メディア: Kindle版この商品を含むブログ (7件) を見る池上彰さんの「おとなの教養」。📕🍷👨 教養とは何ぞや?についての本。分野別…

DVD・BOX「半沢直樹(ディレクターズカット版)」

半沢直樹 -ディレクターズカット版- DVD-BOX出版社/メーカー: TCエンタテインメント発売日: 2013/12/26メディア: DVDこの商品を含むブログ (20件) を見る結構前に全部観ましたが、銀行員の半沢直樹が主人公です。 パワハラや派閥を乗り越えながら、半沢直樹…

やる気を出す方法達。

やれるのは「今」だけであり、そしてどんどん「未来形」で考えて行く。若いなら尚更。やはり、「今」と言う瞬間は「今」しかない。やれるなら、「今」である。「鉄は熱い内に打て!」なら、今、打つべし、だ。そして過去には拘らず、物事は未来形で考えて行ってみるのが…

AKB48アルバム「次の足跡」

次の足跡アーティスト: AKB48出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2014/01/22メディア: CDこの商品を含むブログ (17件) を見る 光輝くような雰囲気の歌も多く、明るく前向きになれる感じの曲が多く入っています。是非、お勧めします。 m(__)m(*^^*)(^^)/…

AKB48アルバム「サムネイル」

サムネイル (劇場盤)アーティスト: AKB48出版社/メーカー: (unknown)発売日: 1970/01/31メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見る とても綺麗で格好良い、雰囲気的にも良い曲です。AKBの曲の中でも、聴いていてよりストイックにもなれそうな感じの曲が…

随筆風・ポエム『読む力は、"月"、書く力は"太陽"』

読む力は、夜に出る「月」の力であり、書く力は、朝に出る「太陽」の力である。読んで知識を蓄えるなら夜、書いたり創作するなら、朝がきっと良い。 キャラクターグッズが豊富! エンスカイショップ

「"夢"と言う名の樹」

簡単に夢が叶ってしまうのは、やはり面白くないであろう。あまり早くから何でも夢や希望が叶ってしまえば、それこそ御仕舞いだと思う。夢とは、なかなか叶わないから、夢と言う。頑張って叶わなかったなら、それはそれでまた新しい夢を見付ける。夢の樹は、…

所謂『弱肉強食』は、人間の世界にはあってはならないもの

昔、聞いたような、"善が勝つのでなく、強い者が勝つ"だの、大の人間の世界にも「弱肉強食」だのと言う考えを野放しにして良いものか?なら、それでも人間か?やはり弱者は、強者少なくともが守るべきだ。少なくとも弱者が強くなるまでは。弱肉強食と言う無秩…

2つ前の職場で、おかしなケアマネAから受けた理不尽な中傷等。

メーカー直販サイト・エンスカイショップ 公式サイトはこちら 「潮が満ちる時」(ノンフィクション小説) 老人ホームに勤めていたが、Aと言う軟派な人物からの、大いなる僻みによる不当な扱いや陰湿な仕打ち続きにより、辞めてしまった。二年間きっかりだった。…

ドストエフスキー「白夜」

ロシア文学の巨匠こと、ドストエフスキー氏の作品の中で唯一、読み易い中編でした。最後は主人公にとって如何にも、出会いと恋は、泡沫夢幻の如く、と言うものでした。 白夜 (角川文庫クラシックス)作者: ドストエフスキー,小沼文彦出版社/メーカー: 角川書…

「イチロー・インタビューズ」(石田雄太)

イチロー・インタヴューズ ((文春新書))作者: 石田雄太出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2010/04/20メディア: 新書購入: 3人 クリック: 62回この商品を含むブログ (28件) を見る この間、読み終えました。 イチローのインタビュー集です。 ずっとスポーツ観…

AKB48「0と1の間」(No1.Singles)

0と1の間【No.1 Singles】アーティスト: AKB48出版社/メーカー: KingRecords発売日: 2015/11/25メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブログを見るずっと、アイドル系に興味を持たなかった自分も、これを購入して、30曲余りと聞いて行く内…

コミックセット「苺ましまろ」(1〜7巻)

苺ましまろ コミックセット (電撃コミックス) [マーケットプレイスセット]作者: ばらスィー出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス発売日: 2003/01/27メディア: コミックこの商品を含むブログを見る 「苺ましまろ」は、私にとっても、癒される漫画ナンバ…

ポエム「素直さの樹」

公式サイトはこちら もっと、素直な気持ちを育てたい。辛い事や不可解な事が続いた時には、素直になれない、そんな時もあると思う。 だが、それはいつか、きっと良い肥やしとなる。それは素直さの芽が成長を休んでいるのだ。 ずっと成長を続ける状態でも、や…

高橋道子さんの「介護を生きる~西荻館の日々~」。

介護を生きる―「西荻館」の日々作者: 高橋道子出版社/メーカー: 麦秋社発売日: 1998/03メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 購入して読んだのは結構前になりますが、読んでおいて損にはならない内容の著書でした。 著者は住み込み型介護から始められ…

樺沢紫苑(精神科医)著「『苦しい』が『楽しい』に変わる本」

「苦しい」が「楽しい」に変わる本 ~ 「つらい」を科学的になくす7つの方法~作者: 樺沢紫苑出版社/メーカー: あさ出版発売日: 2011/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 3人 クリック: 151回この商品を含むブログ (7件) を見る 現在、特に有名な精神…

「夢がある事の幸せ」(日記風な随筆?)

夢と愛が、最高の壊れ物だと悟った時、新たに生まれるのが「勇気」だ。 自分は、働きながら作家を目指している。学生の頃から小説を書くのが好きだったので、完成した作品はいつも出版社に投稿している。元々は漫画家を目指していたが、段々と絵を描くのが億…

「自分にしか無い物』

前に、行き付けの飲み屋のマスターから言われた事。 「君には、自分にしか無い物があるか?もしや、無いのではないか?読み書きが出来るんだから、本とかが色々よく読めるぐらいは当たり前だろう?後、五体満足なんだから、運動したり身体を鍛えたりとか出来…

本田健「30代にしておきたい17のこと」

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)作者: 本田健出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2010/09/10メディア: 文庫購入: 18人 クリック: 284回この商品を含むブログ (41件) を見る30代が如何に大切な時期であるか、他にも色々よく分かります。30代とは、最…

書籍「野村の悟り」

野村の悟り 野村克也作者: 沢田浩出版社/メーカー: セブン&アイ出版発売日: 2018/01/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る敏感にして聡明でもある野村克也さんの金言集です。 イチローの本も色々読んで来ましたが、今ではこの方は、野球界の大仙人…

一番悪いのは誰か?ランキング。

この物語で一番悪いのは誰か?ランキング。※これは、自分が中学の頃、ある塾で、レクをする時間があり、その時に、ある男先生が話してくれたストーリーです。 次の短編ストーリーの中の登場人物から、 一番悪い人は誰だと思うか、 そして、悪い人ランキング…

村上春樹の小説「アフターダーク」

アフターダーク (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/09/16メディア: ペーパーバック購入: 7人 クリック: 51回この商品を含むブログ (386件) を見る 読んで行く内に、どっぷりと嵌まるような、且つ、何処か溶け込めるような感覚…

筒井康隆「天狗の落とし文」

天狗の落し文 (新潮文庫)作者: 筒井康隆出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/07メディア: 文庫 クリック: 10回この商品を含むブログ (18件) を見る 「天狗の落とし文」。筒井康隆さんのショートショートでは一番これが好きなのですが、小説だったり随筆だった…

ブラック企業で付いた煤達を払い、桜満開の春へと繋げる。

ブラック企業で、 真っ黒になるまで、 辛抱して働き、 耐えるに耐えたなら、 木炭の如く、 脆く崩れてしまう前に、 煤を綺麗に払い落とし、 清浄化させたなら、 これまでまでよりも、 自分が、桜満開の春の様に、 尚、美化されている事でしょう。