新しい考えも、やはり過去の繰り返しに過ぎないと。

そう言えば、
二千年以上前に、

<これぞ新しいと言ったところで、それはかつて過去にあり、未来にもある。何ら変わる事は無い。空しい事だ。全て空しい。>

と言った者がいるそうです。


「自分が言った内容は、既に二千年以上前の人も言っており、自分と同じ事を未来でも言う人がいて、それを自分独特の新しい発見、悟りだと思うだろう。」と予言していましたと。


良い事をやったとしても、虐げられる事もあり、悪をやった人が生き延びられる事もあると言うのも事実。
人は神のように自分の意思次第で、どうにでもできる存在じゃない。
その小さき生き物に神は「自分が労苦したことに満足する」と言う事を許している。
という境地に至るまでの過程が書かれているのが
<コヘレトの言葉>です。

旧約聖書にも、コヘレトの言葉で、
「知識が増えれば悩みも増える。知恵が身に付けば悩みは深まる。」
「川の水は常に海へと流れて注ぐが、海は満たされる事は無い。」「目は見飽きる事無く、耳は聞いても満たされない。」など等と……………………。

聖書の一部になります。