読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安楽死の是非と、飢え死にについて。

癌や窒息と比べれば、飢え死はまだ楽?
やはり飢え死って、最終的には安楽死になりますかね?

それから、安楽死の是非についてですが、皆様は如何でしょうか?
私は寧ろ安楽死には賛成です。何故なら。

立花隆氏の本も、前はよく購入して読んでましたが、「癌になって死ぬぐらいなら、飢え死にした方がまだ楽。」であると、特に生命の謎シリーズを読んでみるとそう書かれていました。(笑)

ですのでこうなってしまっては一生懸命生きる事に馬鹿馬鹿しくはなるかと思えますが、矢張り誰もがすぐに死のうとは思いませんね。

ではここで、癌と飢餓についてなのですが。

・癌の場合は、癌になってしまえば大よそは助からない事が多く、最終的には苦しみをあげてそのまま亡くなる人が多い。

ですよね?

では立花さんの「生・死・神秘体験」を読んで見ましたところ、こう記されていました。
インドか何処かの宗教徒の人が試してみた、断食によって臨死体験に入る事だったとは思いますが。

「来る日も何も食わずに過ごしていると、4日目、5日目辺りまでは物凄い空腹感に苛まれるのだが、そこをぐっと堪えていれば、それ以降は "感覚が解らなくなり、最終的には楽に意識を失う" 事になる。」
との事だそうです。
その本は、遠藤周作さんや河合兄弟(雅雄さんと隼雄さんですね。)、山折哲男さんとの、対話形式でカテゴリー別に分かり易く書かれた本でしたね。

では上記については如何思われますか?
確かに記されていた事を私が、粗そのまま引用しましたが。



では。

人は皆、食べて生きるためにしっかりと働くものですが、それで身体を痛めて、最後には癌になり、苦しみをあげて死ぬ事になる人も多くいますね。
安楽注射を打てれば良いのですが、しかし現代日本では安楽死は法律で認められていません。
ですので一度癌になれば、完治出来ない限り苦しむだけ苦しんで死んでしまいます。

でも人々は、飢えて死ぬ事の無いように、人や物が巨万とある職場でバリバリ働くんですよね。
かと言って、勿論食べて生きる事が幸せではなく、趣味を持って、「働いて休んで、食べて遊ぶ。」が人間の幸せですよね。

けれども、定年退職後にゆったり出来るかと思えば、若い頃頑張りすぎた事で癌になってしまう人もいますね。

あのように、生存率の低い、治療が困難な癌で苦しみ喘いで死ぬぐらいなら、安楽死を行うか、飢えて死んだ方が楽ではないかと考えるようにもなりましたね。
ここで皆様は如何思われますか?

勿論、これを聞いて即刻「よし。これと言った楽しみも趣味もないから、早速飢えて死のう。」と言い出す人は、少なくともこの日本にはそういません、よね?(微苦笑)

それでも毎日を精一杯生きますか?私もそうです。

でも、癌や窒息等よりは、
"飢えて死ぬ方が最終的には楽である"みたいです。

苦しみのまま死ねば今後もそれが続く場合もあるそうです。