読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

随筆「他人の褌」

他人の褌で相撲を取るような事(所謂パクり、あからさまな真似っこ)は、決して許される事ではない。
いつかは何らかの"形"になって自分に返って来る筈。
と言いたい所だが、

残念ながらその理屈は理想論に過ぎないらしい。
何故なら、今存在するものに完全なオリジナルは有り得ないからだ。
必ず何かしらの前例が引っ掛かってくる。

と言う事は、あからさまなパクリや真似があったとしても、前例に対するリスペクトがあるかどうか。
これが差になるかと思う。

「作品」とかならそうである。
お金取るなら勿論NG。趣味でも「私のオリジナルです」って言てしまうと駄目たま。
ただ、リスペクトなら微妙である。
「この作品に影響受けてます。」とか「好きだから似ちゃいました。」とか。

結局、生きていたら絶対に外部からの影響が有る訳で、完全なオリジナルなんて無い訳で、その引用元、原典に対する敬意の有無がパクリとリスペクトの違いだと思う。

やはり、そう単純な話ではない。
物語の大元を辿れば神話やシェークスピアに辿り着いたりする。

以下異論はあるが、強引な解釈。

一般人が現在の様な市販のパソコンの形態はApple(当時はAppleComputer)のMacintosh(現Mac)が構築したが、それを模倣したMicrosoftWindowsの方が普及した。
GUI+マウス操作などはMacintoshがオリジナルではない。

AndroidiPhoneの模倣であるが、シェアはAndroid
スマートフォンもAppleiPhoneがオリジナルではない。

オリジナルより2番手の方が普及する例は珍しいものではない。

でも、良くいる炎上した人はオリジナルへの敬意が無い事が多いようだ。
そう言った意味では多分、"形"になって返って来ると思う。